福祉用具の販売

特定福祉用具販売は介護保険を利用して該当する商品を年間10万円まで1割で購入する事ができます。
5種類の特定福祉用具が販売の対象となります。
詳しくは取り扱い介護用品紹介をご覧ください。

靴、杖、食器、エプロン、大人用紙オムツなど、様々な介護用品を取り扱いしております。

取り扱い介護用品紹介

腰掛便座

※部屋で利用できるものなど

腰掛便座
【洋式】

洋式便器の上に置いて高さを補います。便器との取り合わせと座面形状や高さを確認して導入することが必要です。

【和式・洋式】

和式便器にかぶせて設置するタイプです。

【昇降式】

補高とともに立ち座りが困難な場合に使用するタイプです。

特殊尿器

※自動的に尿を吸引するもの

特殊尿器
【自動採尿器】

特殊尿器は、要介護者がトイレやポータブルトイレの使用が難しい場合などに、チューブを介して排尿を行える福祉用具のことです。男性用と女性用があり、尿を受けるレシーバーの形状が異なっています。レシーバーは外して洗えるので衛生的です。

入浴補助用具

※いす、手すり、すのこ など

入浴補助
【入浴用いす】

体を洗う時に使用します。立ち座りの際の身体負担の軽減や転倒防止に役立ちます。

【浴槽用手すり】

浴槽をまたぐ時に使用します。腰を深く曲げずに湯船に入ることができ、転倒防止にもなり安全に入浴が楽しめます。

     

     

【浴槽内いす】

湯船が深い場合や楽に浴槽から出入りするために使用する入浴台です。身体負担の軽減や転倒防止に役立ちます。

【入浴台】

浴室の出入口に高い段差や浴槽が高い場合、洗い場の部分に使用します。身体負担の軽減や転倒防止に役に立ちます。

【入浴用介助ベルト】

浴室内での介助は掴むところがなく滑りやすく、お互いに身体負担や転倒の危険性が大きいので、介助用ベルトを使用することで、体をしっかり支えられるので安心して介助ができます。

簡易浴槽

※空気式、折りたたみ式 など

簡易浴槽
【簡易浴槽】

居室で寝たままの姿勢で入浴ができる簡易浴槽です。

移動用リフトのつり具

つり具
【移動用リフトのつり具】

移動用リフトを使用の際に利用者の体を支え、包み込み移動のために使用する用具です。

ご利用までの流れ

1.

必要な福祉用具をお選びいただきます。

2.

お客様から取扱店へ全額(10割)お支払いの上、ご購入いただきます。(償還払い)

3.

取扱店より、領収書および商品の資料をお渡しします。

4.

各市区町村の窓口へ申請

5.

市区町村よりお客様ご指定口座へお支払い金額の9割が払い戻しされます。
(支給利用限度額内に限ります)
※ 市区町村により、申請方法が違う場合がございます。詳しくは取扱店までお問合わせ下さい。

Copyright (C) KTS株式会社 All Rights Reserved.