福祉用具レンタル

福祉用具のレンタル費用の負担額を軽減してくれるサービスです。(自己負担1~2割)買うにはちょっと高すぎて手がでない、介護状態の変化に応じて毎回買うのは大変、買う前にちょっと使ってみたいといった時に利用ください。

どの介護状態の方が、どの福祉用具がレンタルできるかといった、詳しい情報については取り扱い介護用品紹介をご覧ください。

取り扱い介護用品紹介

車いす*

車椅子
【自動式車いす】

利用者本人が自ら車輪を回して操作する車いす。介護状況に合わせて介助用としても利用することができます。

【電動式車いす】

コントローラーで操作して移動する車いす。まだ介護は必要ないけど、長距離移動がつらい方におすすめです。

【介助式車いす】

コントローラーで操作して移動する車いす。まだ介護は必要ないけど、長距離移動がつらい方におすすめです。

車いす付属品*

車椅子付属品
【クッション】

床ずれを防止するために、クッションを利用して座位を保持します。

他にも様々な種類の形状があり利用者様に合ったものを選ぶことができます。

特殊寝台*

特殊寝台
【1モーターベッド】

ボタン操作で高さ調節ができるタイプ、またはボタン操作で背上げ調節ができるタイプの2種類があります。

【2モーターベッド】

ボタン操作で背上げ・膝上げ・高さ調節が、個別にできます。

【3モーターベッド】

体位変換等に際して、介護者への負担が少なく、細かな調整が可能なベッドです。長い時間ベッドで過ごす方、寝たきりの方に向いています。

特殊寝台付属品*

特殊寝台付属品
【サイドレール】

ベッドからの転落防止や、寝具(布団・シーツ等)が落ちることを防ぐための用具です。

【マットレス】

マットレスは身体を長時間支える用具です。ご利用者の状態に合った商品を選ぶことが重要です。一般用マットレス、体圧分散マットレスの大きく二つの種類に分けられます。

【ベッド用手すり】

ベッドからの立ち上がり・起き上がり、車いすへの移乗を助ける用具です。

【テーブル】

サイドレールにかけて使用するテーブルです。ベッド上での読書・食事等を楽にします。

【スライディングボード・スライディングマット】

車イスからベットや車などへの移乗の際に使用する介護用具です。

床ずれ防止用具*

床ずれ予防用具
【電動エアーマットレス】

電動エアーマットレスによって膨張・収縮し、寝ている方の体圧を分散し、床ずれを防止。

【ウォーターベッド】

体圧分散効果が高く、水温調整が可能です。

体位変換器*

起き上がり補助装置 特殊寝台の背上げ機能などを、畳上で使用できる装置で、高齢者の自立を助け、寝たきり状態への移行を防止します。
体位変換クッション 体位交換後の体位を保持するために用いるクッションとなります

手すり

※取り付け工事を伴わないもの

手すり
【水平手すり】

水平移動(歩行など)を補助する目的で使われます。

【縦手すり】

縦手すりは、床面に対して垂直に設置するもので、立ち止まってドアを開け閉めしたり、比較的大きな段差を超えるときなどに、姿勢安定などの目的で多く使われています。

【L字型手すり】

L字型手すりは、水平手すりと縦手すりがひとつになった形と機能をもっています。トイレや浴室、玄関など便座やいすなどで「立ち上がり動作」を行うところでよく使われます。

スロープ

※取り付け工事を伴わないもの

スロープ
【レールタイプ】

一枚板タイプに比べて軽量、設置がラクというポイントがあります。

【一枚板タイプ】

安定感があり、介助者の方もスロープの上に一緒に乗ることが可能なため、介助しやすいというポイントがあります。

歩行器

※フレーム内に体の一部が入るもの 

歩行器
【固定型歩行器】

歩行器のグリップをしっかりと握り、両手で持ち上げると同時にやや前方に移動させ、その移動させた歩行器に体重を乗せながら、一歩一歩進んでいくタイプです。

【前輪付歩行器】

車輪の回転運動を利用し、フレームを持ち上げることなく、前方に押し出すようにして進んでいくタイプ。

【交互型歩行器】

左右のフレームが交互に平行に可動するため、グリップを握ったら左右のフレームを交互に持ち上げ、片方ずつ前方に移動させながら、一歩一歩進んでいくタイプ。

【肘支持型歩行車】

肘支持型四輪歩行車とは、肘掛け付四輪歩行車のことで、馬蹄型の肘掛けに両肘をのせて前進します。 加齢や骨折、脳血管障害などにより、歩行が困難なときなどに用いられます。

【四輪歩行車】

持ち上げ型歩行器の四脚にキャスターがついたものです。

【買い物型歩行車(シルバーカー)】

日常の買い物や散歩といった、外出の際に歩行の補助や品物の運搬及び休憩に用いる商品です。

歩行補助つえ

歩行補助つえ
【ステッキ】

「一本杖」とも言われる最もオーソドックスな杖。伸縮するタイプや折りたためるタイプなど、さまざまな種類があります。

【四点杖】

ステッキと比べて着地面積が広く安定性が良いのが特長。ただ、地面が凸凹したところではかえって不安定になるので、基本的には屋内での使用に留めましょう。「多点杖」と呼ばれることも。

【ロフストランドクラッチ】

腕輪に腕を通して固定し、他の杖と同様の握りに加えて腕輪でも体重を支えるタイプ。2点で杖を持つことができるので、握力が弱い方や手首に力が入りにくい方に適しています。

【松葉杖】

歩く際に腕の力が必要になりますが、 片足に体重がかけられない方などに適しています。

徘徊感知機器*

※取り付け工事を伴わないもの

徘徊感知機器
【マット式徘徊感知器】

マットから離れたり、踏んだりしますとセンサーが感知して、ご家族の方に音でお知らせします。転倒防止や家族の方の身体負担の軽減にご利用いただけます。軽量で設置や持ち運びも楽にできます。

【ペンダント式徘徊感知器】

利用者にペンダント型の発信機を身につけてもらい、受信機を家族の方の手元に置き、受信機から一定の距離以上になると音で知らせる機器です。

移動用リフト*

※自力で移動できない人の体を吊り上げ、ベッドから車いす、トイレ、浴室などとの間の移動を補助するものです。 取り付け工事を伴わないものになります。

移動用リフト
【車いす用段差解消リフト】

車いすをご利用の方で、玄関やテラスなど高い段差があり、スムーズに家には入れない場合に使用します。

【床走行、固定式電動リフト】

歩行や起き上がりが困難な方で介護する方される方の身体負担の軽減にご利用いただけます。介助者が高齢などで体力的に困難な場合にベットや車いすからトイレ、浴室へ楽に移動できるリフトです。

【昇降機能付き座いす】

足の筋力低下や膝、腰に痛みがあり床からの立ち座りがつらい方や困難な方に使用します。

自動排泄処理装置*

※自動排泄処理装置の本体

レシーバタイプ排泄処理装置 排泄物を受ける部分がレシーバとなっており、自分で陰部にあてて使用します。排泄が行われるとセンターが感知して吸引します。(付属品、消耗品は介護保険の購入や自費購入となります)
全自動排泄処理装置 排泄物を受ける部分が装着式となっており、常に装着して使用します。排泄が行われると装着部分の内蔵センサーが感知して吸引します。(付属品、消耗品は介護保険の購入や自費購入となります)

ご利用までの流れ

1.

利用を希望する商品がございましたら、お気軽にお問合わせ下さい。お問合わせは、電話・FAX・メールにて受付をしています。専門の相談員がお話をおうかがい、利用者様に適した福祉用具をアドバイスさせていただきます。

2.

担当のケアマネージャーに利用を希望する福祉用具を連絡いただき、ケアプラン作成を依頼してください。
利用者様の希望により、当社よりケアマネージャーに連絡させていただくこともできます。

3.

契約内容、お支払いの方法についての確認後、契約をさせていただきます。搬入日は利用者様の都合に、合わさせていただきます。

4.

約束の日時に福祉用具を納品させていただき、使用方法を説明させていただきます。

5.

利用中に万が一不具合が生じた場合は、当社にご連絡ください。電話で対応できない状態の場合、担当者が直接お伺いさせていただきます。

6.

解約は電話にて受付させていただきます。その際に、福祉用具の搬出日を打合わせさせていただきます。

7.

約束の日時に、利用者様宅より福祉用具を搬出させていただき、契約を終了させていただきます。

Copyright (C) KTS株式会社 All Rights Reserved.